買取を理解しよう 買取を理解しよう 買取を理解しよう

買取の依頼をする場合は本人確認書類の提出が必要です

持ち物の処分に困ることがありますが、ジュエリーや時計やブランド品など買取会社では、いろいろなグッズを買取しています。昨今では、店頭から遠方で行かれなくても宅配買取で売りたい品物を梱包して配送し、買い取って貰うことが出来ます。買取代金は、後で指定の金融機関の口座に支払われます。宅配業者が自宅まで集荷に来てくれるので、梱包したグッズをドライバーに預けるだけです。

出かけないで売却できるので、大変便利になりましたが、宅配買取の際には、本人確認書類を同封することが必要です。

買取会社は、お客様が売りたい品物を買取し、他の客にセールスしている古物商です。古物営業法施行規則に根拠として、買取業者は、取引相手の本人確認が必須です。本人確認書類は運転免許証またはパスポートや住民基本台帳カードあるいは健康保険証などの、いずれか一つのコピーです。運転免許証が一番準備しやすいだろうかと思います。

コピーを取るときは、住所や氏名や顔写真などが鮮明になるようにして下さい。

鮮明でなく分からない場合は、再提出の指示があることがあります。売りたい品物が多く箱が複数ある場合は、どちらか一つの箱に本人確認書類を同封しておけば大丈夫です。買取会社によっては、デジカメや携帯やスキャナで画像にしてアップロードして提出できるところもあります。コピーを取らず済むので手間が掛からないです。本人確認書類の名と振込口座の氏名が違うとご利用できないことがあるので注意が必要です。


最初に本人確認を行ったら、2回目以降の買取を依頼しても、本人確認書類の提出は求められないことが多いです。何度も品物を買い上げして貰う予定がある方は、同じ買取会社で買い取ってもらうなら、本人確認書類をその都度準備しなくて済みます。以前買取して貰ったことがあっても、本人確認が済んでいない方は、本人確認書類提出が求められます。18歳未満の方は、本人確認書類に加えて、親権者または保護者の同意書の提出が肝心です。同意書のひな形が買取業者のホームページにありますので、印刷して必要事項に記入し同封しておいて下さい。