買取を理解しよう 買取を理解しよう 買取を理解しよう

買取を利用する場合は年齢制限があることを確認しましょう

買取の業者としてですが物品の買取を行っている業者には、様々な種類がありますが、その1つの類型が時計や宝石などを買い取っているタイプです。いわゆる有名品を買い取ってくれる相手なのですが、それを利用する際には、年齢が重大なポイントになります。なぜなら年齢によっては、買取が難しいこともあるからです。

そもそもその店には、年齢制限があります。買取店は、だいたいその年齢を20歳以上と設定しています。コンビニエンスストアなどでアルコール飲料を購入するとなると、大抵年齢確認が発生するのです。

日本の法律で、未成年の方々はそれらの商品を購入できないとのルールになっているためです。それと同じく、買取店でもその年齢の確認をしています。ならば19歳以下の方々は買取を利用するのが難しいかと申しますと、そうではありません。ご両親などの同意があれば、それを利用する事が可能です。したがって未成年の方がブランド物の買取を利用したいと思うのであれば、必ず親族などへその旨を話しておく必要性があるのです。

そして未成年者の場合は、ご両親などによる書面記載が必要となる事もあります。

image

いわゆる同意書が必要になってくるのです。そしてその同意書は、未成年者本人が記載をする訳ではないです。必ず親権者が、その書面に記載をする必要があります。絶対に直筆での記載が必要になるのです。基本的にご両親による署名が必要になりますが、買取店により捺印が必要になる事もあります。ご両親が何を記載するかは、お店によってまちまちです。


そして買取手続きを行う場合は、身分証なども提出が必要です。ブランド物を買い取っているお店に対して身分証を提出する際に、その同意書を添付する場合がほとんどです。そうして何も問題が無いとお店から判断された時には、買取手続きへ進めることになります。ちなみに年齢には、基本的には上限はないです。高齢者の方なども、ブランド物の買取を利用する事はできます。